2007年12月29日

ノン子とのび太のアニメスクランブル

「アニメグランプリ2007」音楽賞、作品賞 発表

アニメグランプリ2007
これはアニラジ老舗中の老舗
ノン子とのび太のアニメスクランブル」で1年を通してアニメ文化の発展に貢献した人・作品を表彰すると言うものです

音楽賞
ノミネート
らき☆すたOP「もってけ!セーラーふく」平野綾、加藤英美里、福原香織、遠藤綾
「Re.MEMBER」Aice5
魔法少女リリカルなのはA'sOP「SECRET AMBITION」水樹 奈々
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序主題歌「Beautiful World」宇多田ヒカル
魔法少女リリカルなのはA'sED「星空のSpica」田村ゆかり

最優秀はもってけ!セーラーふくでした
結構売れたそうで、妥当かな。なのはで2曲入るとは思わんかった

作品賞
らき☆すた
天元突破グレンラガン
絶望先生
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
瀬戸の花嫁

最優秀はヱヴァンゲリヲン新劇場版:序でした
まだまだエヴァの勢いがあるね。実はまだ見てないのでDVDが出たらみようかなw
次の破からはだいぶ変わるそうなので必ず見よう

ノン子とのび太のアニメスクランブル
文化放送 金曜24:30〜
ラジオ関西 日曜26:30〜
西日本放送 日曜23:30〜
posted by フカヒレ家 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-【第13話】「光臨−示された道標−」

ジンとトアはギオを探していると、ノザキを倒したオストルムに襲われる
一方トアは地球へ帰ろうとするのだがCSSによって力を抑えられていた
ナナミによって助け出されそうになったのだが、ガーネットに阻止される
しかし一瞬CSSが切れたことによりジンにトアの歌が届き、場所がわかる
リンドブルムユニットによりオストルムを押さえ、タナトスを破壊するためのミサイル、タイプXを持ったオトヒメがう宇宙へオストルムを突き上げる、そして・・・

なかなか熱かった今回
タナトスを破壊するためにジルアード軍がミサイルを作り、ISDAがシャトルと役割分担がされてたようだね
で、シャトルができなかったISDAはドラゴンに運ばせると言い出したと
これが世に言うプロジェクトDであるw
これが10年前か〜以外に時間がかかった気がするのだが
ノザキVSオストルム
なかなかのバトル!ドラゴンバトルより肉弾戦がいいな
キタジマに気を取られてやられてしまったがノザキはよくやったよ
トアを探すジン。いきなりオストルムに襲われる
トア探してる場合じゃないだろw
一方トアは変態に・・・
やっぱ変態王子はドSだわwナナミはキタジマが忘れられないのか・・・
オトヒメとタイプX
アジアが消滅するほどのミサイル、タイプX・・・ってどんだけー
オトヒメは相打ち覚悟で突っ込んだのか〜しかし落とされて代わりにギオが突っ込むとw
ってかよくギオとジンは生きてたな〜
オストルムは消滅したのか?とりあえず危機はさったようだ

マザー=タナトスだったのか
トアとノザキは裏切った形になったけどよかったのかね
posted by フカヒレ家 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(27) | ドラゴノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

げんしけん2【第12話】「その先にあるもの・・・」

就職活動がうまくいかない笹原
何のために漫画の編集を目指していたのか見えなくなっていた
諦め他の職種にあたってみるのだが。。。
やけになりかけていた時、春日部と荻上から叱咤激励を貰い、自分をもう一度見直すことで内定を貰うのだった

最終回だった今回
やっと笹原が内定が出たようだね
就職活動を続けていて内定が出ないと落ち込むね
だんだんと何んのために就職するのわからなくなったりと凹む日々が続いたりするものさ
笹原もげんしけんに入らなければと思ったりしているわけだがw
ヲタだから就職できないわけじゃないからなw
そんなわけで自分を見つめなおしたら内定をもらう事ができたと。おめでとう〜
出版業界は大変そうだよな〜(よく知らないけどw)
報告は荻上かw荻上ともまんざらでないしw
これで温泉へ合宿かと思ったら・・・
終わりかよ!!!1111これはOVAで完結させるのかな。
中途半端だよな〜

小野寺竜二役に千葉進歩さん

全体を通しての感想
ヲタによるヲタのための大学物語の2期
1期と違いヲタ度を抑えてくると思ったらそうでもなかったかな
就職と恋愛。特に恋愛メインで攻めると思ったら就職のジメジメ感が強かったのがどうも・・・
原作を読んだ身としては最後までやってほしかったです
posted by フカヒレ家 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(28) | げんしけん2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

ef - a tale of memories【第12話】【coda.】

「love」「dream」

蓮治の事を忘れるように日記に記す千尋
蓮治は千尋と会おうとするも会う事はできず13時間過ぎてしまう
どうすればいいかわからないが、千尋を諦める事もできない
そんなところに千尋が破り捨てた1ページが飛んでいるのを見つける
それは千尋の叫びだった。想いを握り締め蓮治は集めはじめる。1ページずつ
そしてそれを持って千尋のもとへ・・・

久しぶりにいいもの見せてもらましたわw
と言う事で今回が最終回でした
最近はよっぽど気に入った作品以外はまともにOP見ないのですが、変わってましたね
いつからだろう?それぞれのヒロインを救う人が描かれていました
千尋と会う事ができずにどうすればいいのかわからない蓮治
奇跡はなく必然と偶然、そして自分が何をするのかによって決まる
人の行くすえは努力しだいだね
そして夢をかなえるためには夢を持つ。より具体的なイメージで。
諦めなかった蓮治は千尋の記憶を見つけ、探し集める
見つけた1ページは一番はずかしいところだなw
蓮治も凄いボロボロになりすぎだろwやりすぎw
手渡そうとすると、千尋は蓮治を忘れていなかった
そうきたかー本当に大切なことは13時間じゃ忘れられないよな〜
忘れようとするけど何度も思い出してしまうしね
そしてそれぞれの後日談
景も足が治ったりと皆それぞれ活き活きとしてますな
みやこと紘は同棲してるのかな〜
蓮治は千尋との事を小説にするようだ。1話目の冒頭と同じ  かなw
それぞれが自分の道を見つけてココからが始まり

最後のフリはゲームやれって事ですかw

全体を通しての感想
男女6人の恋物語
良かったー6人と言うよりも5人って感じかな
2つのカップルの物語を中心とした群像劇
ゴダールぽい作りで物語としても映像作品としても面白かったです
各話のタイトルの始めをとると「euphoric field」となるそうで
これ作った人も見つけた人も凄いなとw
posted by フカヒレ家 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(13) | ef - a tale of memories | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンブーブレード【第13話】「先生たちと生徒たち」

練習で珠姫に打ち込まれる芽衣
あまりの腕の違いに見惚れてしまう。相手高の選手も打ち込まれたいと言われるほどに・・・
聡莉と珠姫との稽古で珠姫の動きを見て聡莉は昔を思いだそうとしていた

聡莉が無事に(?)入部することになった今回
誰もを魅了する珠ちゃんw
珠かっこいい。珠気持ちいいってww
剣道はやった事がないのでわからないけどそんなに気持ちよいものなのかねw
柔道で思いっきり投げられた時は死ぬかと思ったけどなw
秘密兵器で最終兵器にまでなってしまったようだ
珠姫VS聡莉
聡莉もつよいけどやっぱり球ちゃんは強かったw
梨乃の作戦で見事、聡莉が入ってこれで5人そろったようだね
林先生VS虎侍
怖いだけじゃなく林先生は強かったな
信念も持って教えているようだね。最近の若者は軟弱じゃのうw
ま、熱血はしとくのもだよ。学生時代はw

芽衣は珠ちゃんに憧れて、剣道を続けようと決しんしたようだ
憧れるのはいいけど、やっているうちに自分の実力がわかり・・・こういう話ではないねw
礼美のストカーが怖いぞw
posted by フカヒレ家 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(57) | バンブーブレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

レ・ミゼラブル 少女コゼット【第51話】「明かされた真実」

自らの秘密をとうとうマリウスに告げたジャンは、
すべてを託して2人の前から消え去ってしまう…。

やっぱコゼットに話す勇気がないから逃げるのか
このままでいたらと願うけど、コゼットに嘘をつき続けるという罪悪感に耐えられなかったのか
ジャンの過去を勝手に言ってしまうかと思ったけど、そこは空気読んだかマリウス。

マリウスとコゼット普通に気付いてるwwwティナルディエピエロwwww
いや〜ティナルディエの目論見が全て外れ、捕まっていく姿はすっきりするね。
先が読めすぎる展開だったが、最後の最後までティナルディエにいいところなかったな。
ティナルディエのクソ野郎にも、処刑ではなく改心を求めるなんて、ジャヴェール変わりすぎだ!!!

ジャンはマジで人助けの旅に出てるよ。
このまま各地をパリ同様にしてけば、革命家になれるよ。

次回予告に変な人形が!!!!
こいつらが次回予告しゃべってたのか。。。
次回最終回。ジャンが隠居みたいな感じなのだが。
posted by フカヒレ家 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(1) | レ・ミゼラブル 少女コゼット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

スカイガールズ【第25話】「音羽、ふたたび」

セル結合率が低いところを狙いビックバイパー隊とスカイガールズは攻める
進入に成功したスカイガールズは音羽とアイーシャを前に進めるために攻めてくるワームを叩く
コアに進入した2人はウイルスプログラムを注入
しかしワームはワクチンプログラムを完成していたのだ
そして優希が現れ、音羽は飛べなくなってしまうのだが・・・

ついに決着がついたようだね
ネストに突入し、アイーシャと音羽をコアに向かわせるために犠牲になっていくと
良くある展開だが、どうも盛り上がりにかけるかな
コアに入ってウイルスを注入するも利かない
注入のところでトラブルがあると思ったら100%までいき成功
っと思ったらワクチンでワーム復活したのは意外でしたなw
で、コアから優希が出てきて音羽がまた使えなくなり、おびき寄せた話をする
機械細胞群との適正値が高い(スカイガールズ)を吸収して、機械人間(新しい生物)を作って世界を支配するってのがワームの使命だった模様
治療プログラムから変な方へ行ったなw
アイーシャによって優希を人に戻したらワームが消滅したけど、正直よくわからんw
優希も光になってしまったし、結局は人が勝ったって事なのだろうけど物足りないな〜
次回は後日談?真相は?
posted by フカヒレ家 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(4) | スカイガールズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。