2007年12月24日

レ・ミゼラブル 少女コゼット【第51話】「明かされた真実」

自らの秘密をとうとうマリウスに告げたジャンは、
すべてを託して2人の前から消え去ってしまう…。

やっぱコゼットに話す勇気がないから逃げるのか
このままでいたらと願うけど、コゼットに嘘をつき続けるという罪悪感に耐えられなかったのか
ジャンの過去を勝手に言ってしまうかと思ったけど、そこは空気読んだかマリウス。

マリウスとコゼット普通に気付いてるwwwティナルディエピエロwwww
いや〜ティナルディエの目論見が全て外れ、捕まっていく姿はすっきりするね。
先が読めすぎる展開だったが、最後の最後までティナルディエにいいところなかったな。
ティナルディエのクソ野郎にも、処刑ではなく改心を求めるなんて、ジャヴェール変わりすぎだ!!!

ジャンはマジで人助けの旅に出てるよ。
このまま各地をパリ同様にしてけば、革命家になれるよ。

次回予告に変な人形が!!!!
こいつらが次回予告しゃべってたのか。。。
次回最終回。ジャンが隠居みたいな感じなのだが。


posted by フカヒレ家 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(1) | レ・ミゼラブル 少女コゼット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レ・ミゼラブル少女コゼット 第51話
Excerpt: 復活名作劇場も大詰め。ハイジだと「クララが立った!」三千里だとやっとマルコがお母さんと会えるラス前回。ジャンバルジャンがついに真実をマリウスに打ち明け旅に… 強請ろうとしたテナルディエの間抜けさ加減..
Weblog: のらりんクロッキー
Tracked: 2007-12-24 20:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。