2007年12月18日

レ・ミゼラブル 少女コゼット【第50話】「永遠のリング」

念願だった新しい学校の建設も進む頃、コゼットの結婚式が迫ってきていた。
弁護士の試験にも合格し、幸せなマリウスとコゼットを前にしながら、ジャンは深く物思いに沈んでいた…。

マリウスのじいさんの好々爺っぷりは凄過ぎ!!!
子離れしていくコゼットを見て、自分の行く末を悩むジャンとは大違いだ。
結婚して出て行く娘と父親との会話は、のび太の結婚前夜をどうしても思い出す。
ウェディングドレスは案外装飾が少なくシンプルなものだな。
この時代はこうだったのかな?もしくは作画の手間の問題か(ぉ

アゼルマと女将さん、普通に前向きに過ごしてる!!!!
女将さんめっちゃ痩せてるし!!!つか出所したとこか。
ティナルディエは相変わらずか。この展開でまだ何をする気だよ。
修道院のみんなも来てくれたんだ。一瞬分からなかった。

自分の過去の罪をマリウスに話すのか。
コゼットに今の幸せな気分を壊させないために……
てのは言い訳で、ただコゼットに話す勇気がなかったんだろうな。

今回あまりにも幸せなことばっかりで、物事がいい方向ばっかに動いてて、こんなのレ・ミゼラブルじゃない!!(爆
と思ってたら、あと残り2話にして、いい引きをしてくれる。
ジャンはこのあとどうなるのか、ティナルディエはどんな方法で攻めてくるのか、真実を明かされたコゼットはどう思うのか。楽しみだ。
ティナルディエの行動しだいでいろいろ考えられるな。
ジャンに死亡フラグが立つか、ジャヴェールが収めるかってとこかな。


posted by フカヒレ家 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | レ・ミゼラブル 少女コゼット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。