2007年09月18日

レ・ミゼラブル 少女コゼット【第37話】「マリウスの誤算」

ジャンはコゼットの身の安全を守るため、パリを離れてイギリスへ連れて行こうとする。
悲しむコゼットからそのことを打ち明けられたマリウスは…。

ティナルディエついに仲間に見捨てられ、負け犬の遠吠えwwwざまぁww
本のじいさんどこまでも善人だな。ガヴローシュがせっかくあげたのに。
このじいさんだけは幸せになってほしいな。
コゼットがイギリスに行くって言って、一緒に行けるか聞いたらマリウス即逆ギレかよ!!
しかもそのセリフが情けなすぎる!!!ダメ男のセリフだwww

へ〜この時代って25歳まで親の許しがないと結婚できないんだ。
そもそも勘当したんだから許しなんていらないんじゃないかと。

マリウスの誤算ってまんまコゼットがイギリスに行くことだったのか、もっと何かあるのかと思ってしまった。
いまだにマリウスに魅力のカケラもないんだが……結婚は賛成できないよ。。。
財力もなければ計画性もない。ダメな奴だと。

次回予告で早口にこの時代の歴史を語ったけど、早すぎて理解が追いつかない……
次回はついにコゼットとエポニーヌが相対するのか?
posted by フカヒレ家 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(1) | レ・ミゼラブル 少女コゼット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レ・ミゼラブル 少女コゼット 第37話
Excerpt: 「マリウスの誤算」 マリウスの誤算はいつものことだと……。 ラマルク将軍が病気で倒れたことでますます混迷の時代に突入するパリ。 コゼットの家への侵入に失敗したことから、そもそも刑務所行き..
Weblog: ラブアニメ。
Tracked: 2007-09-18 14:11