2007年09月18日

ひぐらしのなく頃に解【第11話】皆殺し編 其の六「強い意志」

沙都子に電話越しに説得し、鉄平を逮捕、沙都子を保護することに成功した。
梨花は富竹と鷹野の死も回避しようと、みんなに助けを求めるが……

沙都子のことが思ったよりもあっさり終わった感があったけど、
耐えることは強さではなく、立ち向かって行った悟史の覚悟を教える梨花の説得はよかったな。
沙都子のことが終わっても、富竹と鷹野の死を避けようと本人はもとより、大石や圭一達にも助けを求めるとこも梨花が変わったな〜と実感できるね。
いままで時報だった富竹と鷹野の死は、実はこの時点でBADENDの始まりだったってことだ。
これを回避できなければ夏は迎えられない。

ついに黒幕判明!!!!!鷹野黒いね〜。
メーテル鷹野キタ――(゚∀゚)――!!この服の趣味は……
こんな別の死体だったという簡単なトリックだったってのは、ちょっとショックだったよな。
祟りの話ばっかりだったから現実的な考え方ができなかったんだな。

いろいろ描写をはしょってるところがあるけど、重要なところは原作どおりなので特に書くことなくて困るわ。まぁ一期から考えるといいことなんだけどね。
posted by フカヒレ家 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(3) | ひぐらしのなく頃に解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ひぐらしのなく頃に解 第11話「皆殺し編 其の六 強い意志」
Excerpt: 二度と、わたしは運命に屈しない。二度と――。 運命は変えられる――圭一たちの見せた奇跡。 梨花は運命に抗う強い意志を取り戻す…。 しかし、個人の意志を嘲笑うように、隠された闇が動き出す。 ..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2007-09-18 19:41

ひぐらしのなく頃に解 第11話 皆殺し編 其の六 「強い意志」
Excerpt: ひぐらしのなく頃に解11話の簡易感想いきます。 全ての準備は整い、後は沙都子が一言助けを求めるだけ。しかし鉄平の嫌がらせに耐えることが強さだと思い込んでいる沙都子はなかなか助けを求めようとしな..
Weblog: ムメイサの隠れ家
Tracked: 2007-09-19 00:35

ひぐらしのなく頃に解 第11話 皆殺し編  其の六  「強い意志」
Excerpt:  沙都子はようやく救われた。  今まで変わることがなかった運命。  そして、富課と鷹野の死がなければ、梨花も運命は変わると確信します。  しかし、運命は簡単には変わらない。  動き出した闇。今..
Weblog: 独り言の日記
Tracked: 2007-09-19 13:20