2007年08月06日

バッカーノ!【第2幕】
「老婦人の不安をよそに大陸横断鉄道は出発する」

シカゴ発ニューヨーク行きの大陸横断鉄道フライング・プッシーフット号。
この列車にそれぞれの思惑を持った人々が集まる。

アイザックとミリア視点から始めてるから、分かるやすくなったかな。
主人公がいない作品だから、どの視点で進めるか難しいところ。
原作同様、ことあるごとに視点を変えればいいんだけど、難しそう。

二人のやり取りは馬鹿馬鹿しくておもしろいなww
原作どおりだけど、地下道にだんだん家具が増えてくるのがおもろい。
アイザックは何気にミリアを気を使ってていい男だよな〜。馬鹿だけど。

列車の乗客を一通りなめた感じでだったか、黒服が多かったかな。
白服とジャグジー達の目的はわかりづらかったかも。
いっその事、キャラ名とともに所属や目的も文字で紹介してもよかったかも。

チェスが最初から黒いってことは、鈍行編と特急編を同時進行するのか。
次回は1年前の話。1巻の話。
1931がベースみたいだし、ここをどう綺麗に収めるかが問題だな。
イブもでてたから1932もちょっと絡んでるし。
posted by フカヒレ家 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック