2007年04月27日

この青空に約束を― 〜ようこそつぐみ寮へ〜
【第4話】「六条宮穂 後編」

宮穂は文化祭の自由研究として六条紀一郎の足跡を一人でまとめ上げる。文化祭当日、航の祖父や祖母も宮穂の研究発表に顔を出したりと盛況を見せる。文化祭も終わり、後片付けをしている宮穂の元に航がやってくるが、成し遂げたと喜ぶ宮穂に航は厳しい言葉をなげかける。

もう勘弁してください。。。
丸戸さんが関わってたのって1話だけじゃね?
原作をつまみぐいして、ずれた解釈で再構築してる感じ。
ひぐらしアニメと似たような絶望感。。。
とにかくやり取りも物語の進みもつまらん!!!
泪島X-RATEDやってないのに、というか改変したのに、なぜか流れで宮と付き合ってる体になってるし。
ケンカして寮を出て行った理由も違うから、なにもかもが薄い。
この二人はなにをしたいのか正直わかりません!!
そして相変わらず他のキャラとのやり取りが全然ない。
それがまた分からなさに拍車をかけることに……
最後に一応入れとくかというエピローグもどうかと思う。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。