2007年03月25日

レ・ミゼラブル 少女コゼット【第12話】「ひとりぼっちのコゼット」

ファンティーヌからの仕送りが途絶え商売もうまくいかなくなってきたテナルディエ夫妻が、コゼットの唯一の味方のガブローシュを奉公に出すことになり、コゼットはひとりぼっちで辛い仕打ちに耐えなければならなくなった…。

仕送りがなくなったくらいで商売がうまくいかなくなったって、よく今まで生きてこれたなと。。。
ガブローシュさえも働かされることになりコゼットはひとりに……
これまではガブローシュがいたから何とかやってこれたのに、さらにシュシュまでいなくなっては、コゼット死んじゃうよ(´д⊂)

12月の寒空の下、布の服一枚で水汲みに行かされるコゼット。
よく毎年この格好で冬を乗り換えられたなと思うよ。
いいかげんジャン・ヴァルジャン来てくれっと思ってたら……
ジャン・ヴァルジャンキタ――(゚∀゚)――!!
やっとたどり着いてくれたよ。
しかも追われる身なのにいきなり紳士だよこの人。
早々にコゼットと判明して工場のばあさんが騙されたことも知ったし、もう用意は整った!

次回はついにコゼットが地獄から開放されるか。
予告の最後のカットにいい服着て人形を持ったコゼット映ってたし間違いないだろ。服がどこか真紅に似てる、黒いけど。
これでコゼットはいいとしてガブローシュとシュシュが気になるところ。
でもジャン・ヴァルジャン(この名前長い……)も追われる身だからさすがに二人は連れて行けないか?


posted by フカヒレ家 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(1) | レ・ミゼラブル 少女コゼット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レ・ミゼラブル 少女コゼット 第12話 ひとりぼっちのコゼット
Excerpt: ジャヴェールがジャン・ヴァルジャンに対する執念は凄いものがありますね。 部下の「ファンティーヌの子供を迎えに行くのでは?」と言う意見にも 「犯罪者が約束を守るわけがない」と一蹴ですから。 マ..
Weblog: よう来なさった!
Tracked: 2007-03-26 00:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。