2007年03月06日

京四郎と永遠の空【第九話】「乙女見果てぬ」

からっぽだった空はワルテシアから別れた肉体だった
カズヤは京四郎からせつなと空を奪っていく
ミカのところへやってきてかおんも奪われてしまい
ミカはカズヤによって貫かれた

拝啓私のお姫様。空はどうやらワルテシアの剣だったようです
ってか絶対天使じたいがワルテシアから別れたものだったのかな?
カズヤは絶対マナ(違うかなw)を浴びて凄い事になったようだw
1人だけ違う世界の人物だな
ナルシスとでドSで常に決めポーズw
空はあっさり京四郎を捨ててカズヤの元へw
ミカは昔からソッチの人だったのねw
それも兄にいつも取られていたと・・・
まさに変態一族だなw
今回で退場になってしまった訳だが・・・
次はまともそうなソウジロウのところか?


posted by フカヒレ家 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(10) | 京四郎と永遠の空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

京四郎と永遠の空 第9話「乙女見果てぬ」
Excerpt: 京四郎が自分の想いを打ち明けついに結ばれた二人、 しかしせつなはその話を聞いていた。そこへ死んだと思われていた 兄カズキが突然現れ喜び近寄った京四郎に攻撃を加えてしまう、 そしてカズヤは空に手を..
Weblog: ミナモノカガミ
Tracked: 2007-03-07 01:49

京四郎と永遠の空・第9話
Excerpt: 「乙女見果てぬ」 なんか、今週はやたらと「超・演出」が光っていないか?《笑) カ
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2007-03-07 06:54

「京四郎と永遠の空」第8&9話観ましたっ☆
Excerpt: カズヤ復活! …いちいち舞台演技掛かった振る舞いをするカズヤさん…観ているこっちが照れくさくなるのは何故だろう?(;^_^A あんなに憧れ続けていたカズヤ兄さん…だったのですが、案の定、京四郎..
Weblog: 魔女のホーキのおしゃべり
Tracked: 2007-03-07 13:07

京四郎と永遠の空 第9話
Excerpt: 第9話「乙女見果てぬ」 小西さんはここでもやっぱりワンコだったーっ!!!(エッ 「おいで、可愛いピエロ・・・いや、微エロ?激エロ?エロエロ?」 チエロってなんだーっ!?   ※チエ..
Weblog: 孤狼Nachtwanderung
Tracked: 2007-03-07 13:48

京四郎と永遠の空 第9話「乙女見果てぬ」
Excerpt: 京四郎と永遠の空 第9話「乙女見果てぬ」空は本来の姿へ…
Weblog: 恋華(れんか)
Tracked: 2007-03-07 16:27

(アニメ感想) 京四郎と永遠の空 第9話 「乙女見果てぬ」
Excerpt: 京四郎と永遠の空―前奏曲 京四郎の前に姿を現したカズヤ。その横には、失われたはずの絶対天使メギンギョルドのワルテイシアを従えていた。カズヤは京四郎にその拳をもって襲い掛かる。絶望の中、京四郎は静..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2007-03-07 19:39

京四郎と永遠の空 第9話「乙女見果てぬ」
Excerpt: ドSでナルシストな王子様。
Weblog: Hiroy's Blog
Tracked: 2007-03-07 23:39

京四郎と永遠の空 第9話「乙女見果てぬ」
Excerpt: さすが京四郎の兄、カズヤのナルシストっぷりは弟など足下にも及ばない。 この演出のクサさと、地球を破滅に導く規模の兄弟喧嘩シナリオには脱帽せざるを得ない。 今回で絶対天使の秘密は種明かしされただ..
Weblog: Cross Channel
Tracked: 2007-03-08 06:38

京四郎と永遠の空 第9話「乙女見果てぬ」
Excerpt: 第九話「乙女見果てぬ」 すごい王子がやってキターー(爆) 再会した京四郎をぶっ飛ばすという衝撃の登場をしたカズヤ兄様。 その本性があきらかに(笑) もうダレも最強外道王子様を止められな..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2007-03-10 01:58

京四郎と永遠の空 #09
Excerpt: 第9話「乙女見果てぬ」。 華麗な一夜兄さん、哀れな京四郎。
Weblog: 妄想閉鎖空間
Tracked: 2007-03-11 21:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。