2007年02月04日

レ・ミゼラブル 少女コゼット【第5話】「ジャヴェールの疑惑」

自らの危険を顧みず、馬車の下敷きになったフォーシュルヴァンを救い出したマドレーヌ。
物陰からそれを見ていたジャヴェールは、その怪力に、マドレーヌはジャン・ヴァルジャンではないかとの疑念を強めた。
神父から文字を習い始めたコゼットは、宿の客からモントルイユ・シュール・メールの様子を聞き、母を想うが、ファンティーヌを嫌う女工仲間の良からぬ企みが暗い影を落とす。

怪力でジャン・ヴァルジャンと疑うのはいかがなものかと・・・
しかしマドレーヌはここまでやって、いったいどうやって儲けてるの?
今のとこ工場しか資金源がないんですが……市長だからほかにもいろいろやってるのだろうけどさ。

あの男の子はやっぱりコゼットの元へ行ったか、エポニーヌ哀れ。。。
この三角関係でエポニーヌがどんな狂気を見せてくれるのかワクワク(ぉ
仕返しをするもシュシュのおかげで助かって、逆にエポニーヌが親からうそつきのレッテルを貼られていくのかな?
シュシュに乗ってるーーー!!!!!なんか似合う♪かわいいし。
ますますムックルのようになってくる。
コゼットがもうすぐ8歳っていつのまに7歳になってるのよ!
この調子で育つと大変なことに!!最終的に何歳くらいでまとまるんだろ?
てことはシュシュは約1年くらいであの大きさになったのか、
それでも早いが・・・
ファンティーヌは娘がいることがばれてクビになっちゃうのかな?
でも娘がいるくらいでクビになるほど、懐狭いのかここ?

次回はコゼットの誕生日らしいが、祝ってくれるのかな?
手紙の中に入ってた金貨はもしかしたら、ファンティーヌがこれでコゼットに何か買ってあげてください、と送ったものか?だとしたら知らないとはいえ相当とち狂った行為だ。


posted by フカヒレ家 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(1) | レ・ミゼラブル 少女コゼット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レ・ミゼラブル 少女コゼット 第5話 ジャヴェールの疑惑
Excerpt: 話は前回の続きで、お爺さんが馬車の下敷きになった所から。 話を聞いて駆けつけたマドレーヌ市長が その馬車を持ち上げて、お爺さんを助けようとするが…… ジャヴェールがマドレーヌ市長をジャン..
Weblog: よう来なさった!
Tracked: 2007-02-06 00:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。