2006年05月15日

涼宮ハルヒの憂鬱【第7話】「ミステリックサイン」

haruhi_07.jpg
ハルヒがSOS団のエンブレムを作ってHPのトップにする。
行方不明の彼氏を探して欲しいと喜緑さんが依頼に来る。
その彼氏とはなんとコンピ研の部長だった。
部長の家を訪れるがいない、しかし古泉と長門はここに閉鎖空間みたいなものがあると言う。
一度解散して、ハルヒ抜きで再集合し、その空間へ行く。
そこに巨大カマドウマが現われるが、古泉と長門によって撃退、部長を救う。
この騒動はハルヒの描いたエンブレムがきっかけとなっていた。
今回の絵に描いたようなシナリオは長門のもたらしたものと考え、キョンは長門の感情を思う。

原作でたった4行だった戦闘シーンがすごいことになってる!!!
原作だと古泉の一発で終わるんだけど、長門の出番もあったし、変なカナブン出てきたしおもしろかった!
古泉が異様にかっこよかったが、光球投げるとき「ふもっふ」「セカンドレイド」ってwww

やっぱ長門はいいね〜、最初のほうはまだしも、話が進んでいくと絶対ハルヒより長門がヒロインだと思う。

次回は孤島症候群(後編)。
なんかオリジナル入ってておもしろそう(・ω・)


posted by フカヒレ家 at 03:01| Comment(0) | TrackBack(8) | 涼宮ハルヒの憂鬱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

涼宮ハルヒの憂鬱 第7話
Excerpt: 第7話「ミステリックサイン」 巨大カマドウマが襲ってきた!!! 部長はアノ事を相当根に持っているらしい。。。 古泉と有希の攻撃! 巨大カマドウマはダメージをくらった! カナブンがきずのて..
Weblog: 孤狼Nachtwanderung
Tracked: 2006-05-15 11:43

涼宮ハルヒの憂鬱 第7話
Excerpt: 今回の話の位置は夏休み前。野球の話と孤島症候群の間にあることになる。てことは、実質8話か…期末テストがあろうとも年中無休で活動を続けるSOS団。ハル..
Weblog: ガンぽに
Tracked: 2006-05-15 18:31

涼宮ハルヒの憂鬱 5月15日付 第7回「ミステリックサイン」
Excerpt: 涼宮ハルヒの憂鬱 5月15日付 第7回「ミステリックサイン」 今回は殺人事件の解決編をすっとばして、何かの話だ。 もう既に記憶の底に埋もれていたあの不幸な部長さんが今更出てくる??
Weblog: 第23軍日常報告
Tracked: 2006-05-15 18:54

涼宮ハルヒの憂鬱 第7話
Excerpt: 今回の話の位置は夏休み前。野球の話と孤島症候群の間にあることになる。てことは、実質8話か…期末テストがあろうとも年中無休で活動を続けるSOS団。..
Weblog: ガンぽに
Tracked: 2006-05-15 19:35

涼宮ハルヒの憂鬱 第7話「ミステリックサークル」
Excerpt: このシリーズの真のヒロインは長門だったのか、と思わせる今回のお話し。 時系列では孤島症候群の前、退屈の後のあたりだろうか。 七夕と期末試験が過ぎて、夏休み前らしい。 しょ??
Weblog: Cross Channel
Tracked: 2006-05-15 21:42

涼宮ハルヒの憂鬱 第7話
Excerpt: 涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈ミクルの冒険 Episode00 限定版涼宮ハルヒの憂鬱 1 限定版涼宮ハルヒの憂鬱 2 限定版 涼宮ハルヒの憤慨〔ノベル〕 2006/04/28発売 涼宮ハルヒの憂鬱 ..
Weblog: Cosi Cosi
Tracked: 2006-05-16 19:38

涼宮ハルヒの憂鬱 第7話「ミステリックサイン」
Excerpt:  今回はキョンが長門有希を見直す話。  みくるのコスプレが目立たなかったが、最後の有希が でっかいよかった!!
Weblog: 明善的な見方
Tracked: 2006-05-18 20:05

(アニメ感想) 涼宮ハルヒの憂鬱 第7話 「ミステリックサイン」
Excerpt: 涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈ミクルの冒険 Episode00 限定版 試験期間中も、部の活動を続けるSOS団。一向にアクセス数が増えないSOS団のホームページに業を煮やしたハルヒは、自らSOS団のエ..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2006-05-20 19:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。