2006年05月14日

うたわれるもの【第6話】「集う力」

utaware06.jpg
また近隣の村々から加勢が増える。
商人だという怪しい者が現われる。
ハクオロは少々気になりながら帰すも、チキナロはインカラの刺客ではなくべナウィからの間者だった。
関の向こうの村からの伝言が来て、そこの村々もこちらと同じ気持ちだと知って、関を落とすことを決める。
関を落としにかかるが、そこには予想外にべナウィとクロウがいた。
戦力差があり、このままでは全滅してしまうかと思われたが、関の向こうの村からの増勢が来て、関を落とすことに成功する。
べナウィの失態とその態度からインカラは怒り、べナウィ達を牢屋に入れる。

おもしれーーーー!!!
ほんと毎回おもしろいな、続き物だけどしっかり一話一話で締めてるから見やすいし。戦闘もしっかりしてるしもう最高です!

いくら権力があろうと所詮ヌワンギはヌワンギ小物でした。。。
むしろ権力を手に入れたからより駄目になってる。
あ〜ついに牢屋行きですかべナウィよ、インカラには説得しても無駄ですよ。

ハクオロの自分の行いを思い悩むとこや、エルルゥとアルルゥの不安もしっかり描かれてていいね〜。もう流れからいってエルルゥが戦闘に加わることがなさそうだから影薄くなってくな〜。



posted by フカヒレ家 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(2) | うたわれるもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

うたわれるもの 第6話
Excerpt: 第6話「集う力」 「おやめなさい、クロウ」 ヌワンギの言いたい放題に腹を立てたクロウをベナウィが窘めた。 ベナウィは侍大将なのに(元、だけど)、どうしていつも配下にまで丁寧口調なのでしょ..
Weblog: 孤狼Nachtwanderung
Tracked: 2006-05-14 12:27

(アニメ感想) うたわれるもの 第6話 「集う力」
Excerpt: TVアニメ『うたわれるもの』オープニングテーマ 夢想歌 次の戦いに備えるハクオロの元に続々と集結する周辺の村の者達。近くの村が皇軍の焼き払われたことにより「明日はわが身」と危機感の募らせての決断..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2006-05-15 14:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。