2008年01月02日

レ・ミゼラブル 少女コゼット【第52話】「銀の燭台」

ジャンの作り上げた学校では、ガブローシュや子どもたちが教室で一生懸命学んでいる。
弁護士事務所を開いたマリウスは、貧しい人々のために日々力を尽くしていた…。

うぉーい、いきなりジャンが出てってから一年経ってる!!!!
コゼットが今まで以上にかわいい!!!作画の力はすごいな。
これなら大人コゼットでもいいわ。

ジャンの独白で、今までちょっとずつしか明らかにしなかったジャンの過去を、総集編のように語ってくれた。
未亡人の姉の子供達を養うために、どうしようもなく盗みを犯したのか。
アランは過去の自分のようなものだったのだな。
しかしパン盗むだけで懲役5年か。重いな。。
脱獄を繰り返して懲役19年になってるし、よく出所できたものだ。

ミリエル司教様かっけーーー!!!!
人は変わることが出来ると信じていて、先を見通せる力も持ってたのかな。
でも奥さんは明らかに嫌そうな顔してたけど。つか奥さんなのかも謎だが。

ジャンが死んじゃったよーーー(つд⊂)
1769-1834。享年65歳。この時代なら長生きな方なのか?
コゼットとマリウスに銀の燭台を託し、
二人に見取られて逝ったのだから死に際は満足だっただろう。

「人は変わることができる、人類も同じだ」
これか!!!!ここに終着するのか!!!
ジャン自身のこと、ジャンとコゼットを取り巻く人たちのこと、そしてパリの革命。
人が変わることを示し、それで世界も変わることを示したってことか。
アニメではコゼットを主役に置いてるが、たしかにレ・ミゼラブルはジャンの話だった。

総評:
4クール作品を全部見たのは何年ぶりだろう。
長かったがおもしろかった。
幼コゼットの可愛さのみで見続けてきたが(ぉ
きつい展開も越えても、常に追われ続けていたし、
状況や年がどんどん変わっていったので飽きなかった。
貧困がテーマであり、それによって人が変わってしまう悪い例と、
罪を犯しても人は変わることができるという良い例がうまく描かれてると思う。
終わってみると、状況にも屈せずファンティーヌを信じ続けたコゼットではなく、
ジャンが主人公だということがよく分かった。

全部終わったのでWikipedia見たみたんだが、
かなり原作との相違点があるんだな。
原作はもっと無情だった。救いがない。
世界名作劇場用にソフトに感動的になるよう改変してたんだな。
それでもティナルディエは最悪だったが。。。
原作を読んだ人には、アニメは甘くて物足りなかったかもしれんが、
世界名作劇場として見たのなら、十分な出来だろう。
posted by フカヒレ家 at 01:43| Comment(1) | TrackBack(1) | レ・ミゼラブル 少女コゼット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。